レンタルサーバー」カテゴリーアーカイブ

Master Post Advert Settingsの設定を保存出来ない。ロリポップ&WordPress

woredpressが使えるレンタルサーバーとして

  • ロリポップが有名

です。
スタンダードの場合、月額500円で値段もお手頃ですしね!

このロリポップですが、セキュリティ上良い面もあるのですが、使い勝手上悪い面もあります。
セキュリティと便利さは相反するものですからね。

wordpressを使用していてMaster Post Advert Settingsの設定が保存できない現象

そんなロリポップでwordpressを利用していたところ

  • Master Post Advert Settingsの設定ボタンを押しても、設定が保存できない!

という現象が起こりました。
Wordpressでプラグインがうまく動かない場合、切り分けが難しいですよね。

 

結果、ロリポップのWAF有効が原因でした

結果的に言いますと、ロリポップにあるセキュリティ機能の一つ

  • WAF

の有効が原因でした。
WAFは標準で有効になっていて、不具合が無いのならWAFは有効にしておいた方が良いですからね。

ロリポップにはWAFの機能があるんですねー。

一時的にWAFを無効にすると設定の保存ができる。ただし

続きを読む

さくらインターネットのレンタルサーバーにお名前.comの独自ドメインを設定する方法。サブドメイン用

「さくらインターネット」のレンタルサーバーのWordpressに、
「お名前.com」で取得したドメイン名でアクセスする方法を紹介します。

特に、サブドメイン用として登録する方法を紹介します
(ドメインとして登録すると、サブドメインがお名前.comとしては使用できなくなるため注意)

 

さくらインターネットのレンタルサーバーにお名前.comの独自ドメインを設定する方法。サブドメイン用

image

環境:

  • 「さくらインターネット」のレンタルサーバーを借り、WordPressサイトを作成
  • 「お名前.com」でドメイン名を取得、そのドメイン名を使用したい

という、条件です。

 

サブドメインをサイトに設定する方法

  1. 「さくらインターネット」でWordPressのドメイン設定
  2. 「お名前.com」でサブドメインのレコード登録

が必要になります

続きを読む

2個目のWordPressサイト作成方法。さくらインターネット

さくらインターネットで一個目のWordpressはマニュアル通り作成出来ましたが
二個目のWordpressのサイトを作成するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

2個目のWordpressサイト作成方法。さくらインターネット

image
二個目以降同じ手順になります。
今回は三個目のWordpressサイトを作成しますので、その時の方法(画面)を紹介しましす。

環境:

  • さくらインターネット、レンタルサーバ スタンダードプラン
  • WordPress 3.9.0
  • MySQL 5.5

 

実は一個目と同じく再度Wordpressをクイックインストールするだけ!

実は、2個目以降のWordpressサイトを作成する方法はとても簡単です。
一個目と同じく、再びWordpressをクリックインストールするだけです!

但し、一個目のサイトを上書きしないように注意しましょう。
安全のために、もう一つデータベースを作成する方法を選び紹介します。

手順は簡単に言うと

  1. データーベースの新規作成
  2. WordPressのクイックインストール
  3. WordPressの管理設定

になります。

続きを読む

WordPress管理画面をhttpsアクセスする方法。さくらインターネットの共有SSLと独自ドメイン

WordPress管理画面にログインするに当たり、ユーザー名とパスワードを入力しますので、可能ならばセキュアで通信内容が暗号化されたhttps通信をしたいと考えました。

環境としましては

  • さくらインターネット レンタルサーバー スタンダード

です。
さくらインターネット レンタルサーバー スタンダードの場合は、httpsを利用するに当たり「共有SSL」というものしか使えません。
果たして、この環境でWordPress管理画面をhttps通信で行うように設定できるのでしょうか?

さくらインターネットの共有SSLを使用して独自ドメインWordPress管理画面をhttps化を試してみた

image

環境

「さくらインターネット レンタルサーバー スタンダード」での使用環境としましては

  • WordPress
  • wwwを付与せずにマルチドメインとして使用する
  • 共有SSLを利用する

WordPress側は、プラグインとして

  • WordPress HTTPS

を用意して試してみました。

「さくらインターネット レンタルサーバー スタンダード」で共有SSLを有効にする

左メニュー「ドメイン設定」をクリックし、HTTPSを導入したい独自ドメイン名(マルチドメイン)の「変更」ボタンを押します

image

続きを読む