「インターネットで公開されてしまった個人情報を削除してもらいたい」検索エンジンから消す方法。忘れられる権利

もしも、他人に自分の個人情報を書かれてしまい削除して欲しいと思った場合の話だ

インターネットでは一旦情報が出てしまうと削除と言うのがとても難しい

だから気をつける必要があるのだ

 

もしも、インターネット上で情報が拡散してしまった場合

自分の個人情報を検索エンジン結果に出さないようにする方法があります

ヨーロッパとかでは、「忘れられる権利」なんていって法律化されているようなんですけど

日本ではそこまでではないです

IMG_4424

IMG_4423

つつぬけ?丸見え?ネット時代の”個人情報” – 放送内容まるわかり! – NHK 週刊 ニュース深読み

確かに、インターネット上に拡散してしまい、しらみつぶしが聞かなくなってしまった場合に効果的な手だと思います

 

もしもインターネット上に個人情報があっても検索できなければその情報にたどり着ける人は少ないです

グッドアイデアですね!

 

ただ、考えられる検索エンジン会社全部に申告する必要があります

なので、代表的な検索エンジン会社の方法のみ紹介します

 

検索エンジン「Google」に自分が所有していないサイトのコンテンツを削除する依頼方法は

実はちゃんとあるんです

image

自分が所有していないサイトのコンテンツを削除する – ウェブマスター ツール ヘルプ

 

著作権侵害の申し立ての場合にも使える方法ですね

しかし、正直いろいろ難しいかもしれません。

GoogleにはGoogleのポリシーがありますので、

image

削除ポリシー – Web Search ヘルプ

 

ただ交渉してみる価値はあるので、Googleと交渉してみて、場合によっては弁護士を交え行うと良いと思います

またウェブマスターツールからコンテンツの削除依頼も出来ますので、そちらも試してみるのが良いかと思います

image

ウェブマスター ツール – 削除リクエスト

 

怖いですね、個人情報の流出は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください