「インターネットで公開されてしまった個人情報を削除してもらいたい」個人情報保護法は効果が無い

もしも、他人に自分の個人情報を書かれてしまい削除して欲しいと思った場合の話だ

インターネットでは一旦情報が出てしまうと削除と言うのがとても難しい

だから気をつける必要があるのだ

 

個人情報というと個人情報保護法で守られるんじゃないか?

なんて思うが、

これは今回のケースの場合無力で効果が無いんです

IMG_4418

 

個人情報保護法とは

第一条 この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする。

難しいですが、要するに

個人情報を取り扱う企業や事業者に対し、しっかり個人情報を守れよ」という法律なんです

つまり、

他人という個人が自分の個人情報をさらしてしまった場合、この法律は残念ながら効果が無いことがわかります

 

ではどうしたらよいかと言うと

  • プロバイダに対し誰が自分情報を公開したのか教えてもらう権利
  • 検索エンジンに表示させない忘れさせる権利

のどちらかを使用する必要があります

詳しくはまた別の記事で説明します

 

NHK 週刊 ニュース深読み」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください