テレビの視聴率1%当たりでは何人見てるの?1パーセントの意味

皆さん、テレビは見ているかと思いますが、特にNHK以外は受信料を払っていないかと思います

つまり、
テレビのビジネスは見ている人からお金を貰っているわけでは無いのです。
あの華やかなテレビのビジネスは広告収入で成り立っているわけです

 

では、

テレビの番組の人気を現す視聴率は1%当たり何人見ているのでしょうか?

IMG_5552

 

そもそもテレビの視聴率と言うのは誰がどのように調査しているのでしょうか?

実は、
テレビの視聴率はビデオリサーチ社という会社が調査しているのです

日本全国のテレビを見ている全世帯で調査しているのではなく、視聴率調査対象地区ごとに無作為にサンプリングされた家で調査されています

image

世帯視聴率調査地区|ビデオリサーチ

 

このサンプリング調査された視聴率から「何世帯」「何人」が見たが推定されます

視聴率から「何世帯が見たか?」「何人が見たか?」を推定することができます。
視聴世帯数・視聴人数を視聴率から計算する際には、調査エリア内推定の自家用テレビ所有総世帯数と4歳以上の人口のデータを用います。

image

視聴率からの視聴世帯・人数の推定 | ビデオリサーチ

 

日本の人口当たりで視聴率から見ている人数を推定すると

日本の総人口は2011年時点で大体1.278億人です

image

仮に計算しやすくするために1億人と想定すると、視聴率1%あたりの人数は100万人と言えます

 

単純な計算ではありますが、視聴率1パーセントはテレビを見ている人は日本に100万人いるということは、そのテレビドラマで放送されたCMは100万人に広告されているということになるわけです。
もし1%で計算し、一人当たりの広告費用を1円としたとしても、100万円出しても安いくらいの広告費かもしれませんね

 

 

最後に、このブログの本題のインターネットやブログに話を戻しますと

まとめ。この視聴率の話をインターネットの世界で考えると

これはインターネットのGoogleアドセンスでも言える計算かと思います
インターネットをしているユーザーはいまやテレビより多いと思います
広告ビジネスは巨大なビジネスであることがわかります
そんな人々に広告をうてるシステムがアフィリエイトなんですね

インターネットを使って、個人がアフィリエイトで副収入を得たり、また広告をうったりするのはそんな巨大ビジネスの中のほんの一部分だということなんですね
まだまだ自分のアフィリエイトの副収入にも伸び代があるかもしれませんよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください