504 Gateway Time-out。お名前ドットコムのレンタルサーバーへサイト移行

お名前ドットコムのレンタルサーバー(共有サーバーSD11)を使用していまして、
このレンタルサーバーにWordpressサイトを移行しようとした時の話です。

504 Gateway Time-out
The gateway did not receive a timely response from the upstream server or application.

のタイムアウトメッセージに非常に悩まされました。

結果、お名前ドットコムのレンタルサーバーサポートへ問い合わせしても解決せずにサイト移行を断念しました

結果的には、お名前ドットコムに問い合わせをしても、レスポンスは早いが簡単な解決策は提示されずサイト移行は断念しました。

504のゲートウェイタイムアウトが表示されたのはphpMyAdminでインポート中

WordPressのサイト移行で、DBのsqlファイル(20MB程度)をphpMyAdminでインポートしようとしたところ、この504ゲートウェイタイムアウトのエラーが出来ました。

唯一の救いは、お名前ドットコムのレンタルサーバーで運用していたWordpressサイトのエクスポートは504ゲートウェイタイムアウトエラーにならず出来たことです(25MB程度)※ 結果的にお名前ドットコムのレンタルサーバーは解約する予定。

問い合わせをするとサポートはサーバー側ではなくクライアント側の問題と主張するお名前ドットコム

エラーのステータスコードは、原因切り分けに役立つ番号になっています。

なのですが、お名前ドットコムの問い合わせ先の担当者は、「クライアント側の問題。ブラウザ側のタイムアウト時間の問題」と言い張り、どれだけ説明しても理解してもらえないので問い合わせを諦めました、、、

またサーバーのアクセスログも、ユーザー側で確認することは出来ませんでした、、、

お名前ドットコム側の主張「 ファイルを小分けにしてインポートをお試し ください」

どこまでファイルを小分けにするかがありますが、
俺の場合はテーブル単位まで小分けにして実行しましたが、一番大きなテーブルのインポートで再び504ゲートウェイタイムアウトエラーとなってしまったので、
この手法も断念しました、、、

ここで「これ以上はもう時間をかけてももったいない」と諦めました。

サイト移行先をレンタルサーバーのエックスサーバーに変えたところ、全く同じsqlデータでphpMyAdminでインポート出来た

お名前ドットコムではサイトの移行は出来ませんでしたが、
エックスサーバーでは、全く同じ手順・同じデータでサイトの移行が出来ました。

つまり、phpMyAdminでSQLデータ(小分けにしない20MB程度)が普通に504ゲートウェイタイムアウト無しにインポートできました。

これは本当にクライアント側の問題と言えるのでしょうか?(お名前ドットコムへの嫌味。笑)
ということで、お名前ドットコムのレンタルサーバーを解約し、エックスサーバーと新たに契約をすることにしました。
レンタルサーバーを選ぶ時には、問い合わせ先のサポート力も重要だと感じた一見でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください