GmailアカウントをWindows Liveメールに設定する方法。IMAPを使用

Windows 7を使用していますが、メールソフトは最近はもっぱらサンダーバードでしたが
せっかくなので、Windows7標準の「Windows Liveメール」を使用してみることにしました。
Outlook Expressから非常に使い勝手が変わりましたよね、、、

ちなみに、自分がブログ用に使用しているのはGmailなので、GmailアカウントをWindows Liveメールに設定してみました

 

GmailアカウントをWindows Liveメールに設定する方法。プロトコルIMAPを使用した場合

image

GmailはWebメールとして使用しても使い勝手は最高に良いのですが
パスワードを忘れてしまいがちなので、「Windows Liveメール」にもアカウントを登録しておくことにしました。

 

Gmailアカウント側で設定する項目

GmailをWindows LiveメールでIMAP受診するためには、まずGmail側に設定することがあります。
それは

  • GmailのIMAPを有効にする
  • Googleアカウントの「安全性の低いアプリのアクセス」を有効にする

設定が必要です

 

  • GmailのIMAPを有効にする方法

image

gmailのwebメールにアクセスし、

  1. 右上の歯車マークから「設定」を選択します
  2. タブから「メール転送とPOP/IMAP」を選択します
  3. 「IMAPを有効にする」を選択し、画面下の「変更を保存」ボタンを押します

これで、IMAPは有効になりました。

 

  • Googleアカウントの「安全性の低いアプリのアクセス」を有効にする方法

image

Gmail右上のアカウントをクリックし

  1. 「アカウント」をクリック
  2. タブの「セキュリティ」をクリックし
  3. 「有効にする」を選択し、「完了」ボタンを押します。

これでGoogle側は準備完了です

 

上記Googleアカウントの「安全性の低いアプリのアクセス」のセキュリティーの設定がされていなかった場合

Windows LiveメールにGmailの設定をすると、ログイン出来ず
以下の「Google アカウント: ログイン試行をブロックしました」なメールがGmailに届きます

image

自分でアクセスしたログインが、Googleに不正なアクセスと判定されてしまいます。

 

パソコンの「Windows Liveメール」で設定する項目

こちらは簡単!
Windows Live メールで自分の電子メールアカウントを追加するだけです。

 

  • Windows Liveメールの電子メールアカウントを追加する方法

image

パソコンのwindows Live メール側に設定を行います。

  1. 「Windows Liveメール」を起動し
  2. メニューの「アカウント」を選択
  3. 「電子メール」をクリックします
  4. 下の画面に電子メールアドでレス(Gmailアドレス)を入力しパスワードを入力、「次へ」ボタンを押します
    image
  5. 「完了」ボタンを押します
    image

 

これで、
Gmailアカウントを「Windows Liveメール」でIMAPで受信できるようになりました!

image

簡単ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください