wordpressの内部リンクをクリックすると500エラーになりページが表示されない

とある時に、自分のwordpressブログを見ていて気が付きました。
ブログ内部リンクをクリックすると、画面遷移に時間がかかり、HTTP ERROR 500が出てページが表示されないことに・・・

その原因は、いったい!?

症状としては直接URLをたたくと何故かページが表示される

謎の現象でした。
直接URLを叩くとページが表示されるということは、wordpressがおかしいわけでは無さそうです。
直前に閲覧したページのURLリファラ情報があると何か処理が重く、何かエラーになるようです。

レスポンスコードHTTP ERROR 500 = 内部サーバーエラー(Internal Server Error)

HTTPのレスポンスコード500番は、内部サーバーエラー(internal server error)と呼ばれ、サーバー内部での処理がおかしいと発生します。
今回は、URLリファラ情報を持っていくと処理が遅くなり内部サーバーエラーになるということは、気になるプラグインがありました。

結論、アクセスカウンターの「Count Per Day」プラグインを停止したら症状が改善された

ブログを公開していると最も気になる情報が

  • アクセス数
  • 人気記事

なのですが、それらの統計情報を集計してくれるようなプラグイン

  • Count Per Day
  • WordPress Popular Posts

は、ある一定数のアクセスが多くあるブログになると、表示スピードを遅くしたり、レスポンスコード500番の内部サーバーエラーになったりするんですね。
残念ですが、ブログで情報を表示しやすいプラグインは無効化し、google analyticsに頼るしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください