WordPressのAMPにGoogleアドセンスを表示させる方法

モバイルからのアクセスが多いブログでは、googleもWordpressもAMPを推奨しています。
AMPは表示が速いだけでなく、CDN(例えばGoogle)によってページをキャッシュされる仕組みがあるので、さらに早くコンテンツを返せるのです。

便利ではありますが・・・
AMPの仕様ではjavascriptが使用できないのでGoogleアドセンスが普通には表示できないというブロガーにとっては致命的な点があります。

image

※ 上記のAMPページがGoogleといったCDNにキャッシュされて表示されます。


そんなAMPページにGoogleアドセンスを表示させる方法を紹介します!

今回は、Wordpressを使用している前提で手順を紹介したいと思います。
参考にするページは

です。

まずはWordpressのヘッダー<header>を修正

image

少し古いプラグインになりますが、

  • Add Code To Head

プラグインを使用して、Wordpressのヘッダーにコードを埋め込みます。
プラグインを使用して直接header.phpを修正しなければ、テーマの更新も出来るメリットがありますからね^^

image

プラグインを有効にしますと

  • 「設定」-「Add Code to Head」

にヘッダーコードを入力できるようになります。

<script async custom-element=”amp-ad” src=”https://cdn.ampproject.org/v0/amp-ad-0.1.js”></script>

を入力し「変更を保存」ボタンを押します。

ページにAMP広告ユニットをコードを挿入する

image

次は、Wordpressでgoogleアドセンスのコードを挿入するのにとても便利なプラグイン

  • Ad Inserter

を使用します。

image

プラグインを有効にしますと

  • 「設定」-「Ad Inserter」

にAMP広告コードを入力できるようになります。

<amp-ad width=”100vw” height=320
   type=”adsense”
   data-ad-client=”ca-pub-1234567891234567″
   data-ad-slot=”1234567890″
   data-auto-format=”rspv”
   data-full-width>
     <div overflow></div>
</amp-ad>

を入力し「Save All Setting」ボタンを押します。
※注意。data-ad-clientとdata-ad-slotの値は、自分のGoogleアドセンスの値に書き換えてください。

再びWordpressのAMPページURLを確認する

image

再び、WordpressのAMPページURLをブラウザで確認しますと
Googleアドセンスの広告が表示されていることがわかります!

以上、WordpresのAMPページにGoogleアドセンスを表示させる具体的な方法の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください