wordpressのampページheadに広告用タグamp-adを挿入する方法

googleアドセンスの広告を、wordpressのAMPページに挿入するためには、通常のbody内のタグだけでなく、head内に広告用のタグを挿入しておく必要があります。
具体的には、

<script type=’text/javascript’ src=’https://cdn.ampproject.org/v0.js’ async></script>
<script type=’text/javascript’ src=’https://cdn.ampproject.org/v0/amp-auto-ads-0.1.js’ async custom-element=”amp-auto-ads”></script>

といったタグなのですが、どのように簡単にwordpressに挿入するれば良いでしょうか?

AMPページにGoogleアドセンス広告を挿入するには「Ad Inserter」プラグインを使うのが楽!

Ad Inserterプラグインは、便利ですね!
wordpressのAMPページに簡単に広告を設置できました。

参考:AMP バージョンの WordPress サイトに広告コードを挿入する – AdSense ヘルプ

結果的にはhead内にタグを挿入する必要はなく自動で挿入されました

参考までに、上記のように

|amp| 参考:WordPress AdSense Plugin – Insert Google AdSense ads – Ad Inserter Pro

セパレートを使用すれば、ampページにのみhead内に必要なタグを挿入できます。
しかし、結果、実はAMPプレグインを使用していて、Ad Inserterプラグインを使用していると、bodyタグにampのGoogleアドセンス広告タグを入れれば、自動でhead内のタグは入っていました。
つまり、上記設定をしてしまうと、二重でタグがhead内に挿入されていました。

実はbodyタグにampのGoogleアドセンス広告タグを入れれば自動でhead内のタグは入っている

上記のように、AMPの広告コードを Ad Inserterプラグインでbody内に挿入しますと、
実は、自動でheadタグ内にAMP広告に必要なタグが挿入されていました。
ちなみに、amp-adタグだけでなく、 amp-auto-adsタグも何もしなくても自動でhead内に挿入されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください