WordPressのDB使用量は通常どのくらい?blogcpd_counterが異常に大きいサイズ

WordPressのDBサイズは通常どのくらいでしょうか?
WordPressサイトのレンタルサーバー移行を検討していて、DBが移行できなく苦戦していたのですが、一般的なWordpressのDBのサイズより非常に大きいことに気が付きました。

Wordpessのデータベースサイズが1GBでした。巨大化しすぎてレンタルサーバー移行も出来ない

これはさくらインターネットの画面ですが、上記データベース使用量の一つが1GBを越えている状態でした。

WordPressではどれくらいのDBサイズが普通かわからなかったので、初めは異常だとは思っていなかったのですが、
WordPressのDBサイズが1GBもあるのは異常だということに気が付きました。

WordPressのDBサイズは300記事書いても、50MB程度なのが普通なことがわかりました。

ですので、普通、たいていのレンタルサーバーでもデータベースサイズは1個当たり上限1GBまでで提供されていることが多いです。

データベースの中の「blogcpd_counter」 テーブルが異常なサイズでした

上記 「blogcpd_counter」テーブルのサイズだけで1GBを超えるレベルのサイズでした。

データベースの中身を確認したところ、アクセスログみたいなデータが入っていました。
そのテーブルは、「 blogcpd_counter 」でした。
これは、「Count per Day」プラグインで使用されていたデータでした。

「Count per Day」プラグインをアンインストールすると 「blogcpd_counter 」 テーブルも消えるらしい

という情報をつかんだのですが・・・

「プラグインのアンインストールっていったいなんだ?削除とは違うのか?」

と悩みました。調べると「 Count per Day 」プラグインが「有効化」できれば、ログの削除とかが出来るが画面がありましたが、
もうデータベースサイズが大きすぎて、「Count per Day」を有効化すると管理画面が開けなくなってしまう状態でした。。。

「Count per Day」プラグインを削除したが「blogcpd_counter」 テーブルが削除されなかった

残念ながら停止中のプラグイン「Count Per Day」を削除しても、「blogcpd_counter」テーブルは削除されませんでした。
もちろん、このテーブルサイズも減っていませんでした。

思い切って「 blogcpd_counter」テーブルを手動で削除してみた

どうしようもないので、「count per day」プラグインを削除した後に、思い切って「 blogcpd_counter」 テーブルを手動で削除したところ、
WordPressのデータベースサイズも一気に減り、またWordpressの動作も問題なくうごいていました。

良かったー。
以上、Wordpressのデータベースサイズが元のスリム化した話でした。これでレンタルサーバーの移行が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください